【闇】お金くれるパパ募集してた女子の末路

お金をくれるパパを募集すること、すなわちパパ活。

ステイホームの影響で収入が減少し、パパ活をするパパ活女子は増加傾向にあります。

時間で効率よく稼ぐことができるパパ活。

しかしパパ活を甘く見ていた結果、大変な末路になるケースが…。

今回はお金くれるパパ募集してた女子の末路について、解説していきます。

お金くれるパパ募集してた女子の末路とは?

お金くれるパパを募集するパパ活。

パパ活をしていた女子にはその後、成功した例と失敗した例に分けられます。

パパ活で成功した例

成功した例は、パパ活で稼いだお金を元に自分磨きや、パパ活での経験を元にさらなる経験を積み、キャリアアップした例です。

成功した女性は大手企業に就職、自分で起業するなどし、自立した女性へと成長しています。

パパ活で失敗した例

パパ活での失敗例もあります。

パパ活で稼ぐことができる高額なお金に慣れてしまい、本来行なっていた本業で稼ぐお金に満足いかなくなったケース。

給料よりパパ活で得た収入の方が多いため仕事をやめてしまう。

パパ活での経験で心に傷を負ってしまう。

さまざまな失敗例があります。

こちらは生活費を稼ぐためにパパ活を始めるも、心に傷を負ってしまった女子大生を取材した記事です。

実際にこのような思いを抱いている人がいます。

https://news.livedoor.com/article/detail/19620107/

パパ活の末路とは具体的にどんな内容?

先ほどどんな末路が待っているか簡単にご説明しました。

具体的にはどういった内容でしょうか?

主な末路は以下の通り。

  • お金に満足できなくなる
  • 肉体的や性的被害に遭う
  • 身内や知り合いにバレてしまう

詳しく解説します。

お金に満足できなくなる

パパ活をしていく中で起こりうる代表的な末路です。

パパ活では食事やデートをすると、交渉次第ではありますが一回数時間で5,000円〜1万円程度の報酬が得られます。

これはOLなどの本業と比較しても、とても高額な時給ではないでしょうか。

「パパ活に専念した方が稼げそう」

「普通に仕事するより割に合っているな」

と思い、本業を辞めてしまう人も少なくありません。

しばらくはパパ活のみで生計を立てられるかもしれません。

しかし年齢を重ねてもずっと続けられることではありません。

そもそもパパ活とは、’若くて綺麗な’女性と食事やデートをしたい男性がお金をくれるというシステムです。

果たして30代、40代の女性は需要があるでしょうか?

残念ながら、30代以降の女性の需要はほとんどないと言ってもいいでしょう。

「パパ活市場で自分の需要がなくなったからまた再就職しよう」

そう思い就活をしても、パパ活でのキャリアや経験は何のプラスにもなりません。

再就職も困難のため、借金や、風俗業など夜の仕事をせざるを得ない状況になってしまいます。

肉体的や性的被害にあう

食事やデートのみで肉体関係はない、というのがパパ活です。

しかし、性的被害も増加傾向にあります。

具体的には個室で食事をしている際に

  • 身体に触れられる
  • キスを迫られる
  • 胸や下着など盗撮される
  • 密室空間で性行為を強要される

などです。

また、「パパ活してることを身内や知り合いにバラす!」と脅迫し、性行為に及ぶケースもあるようです。

さらに、密室空間で殴る、蹴るなど暴力を受ける可能性もあります。

男性は体格が大きく、抑え込まれると女性はなかなか抵抗できませんよね。

こちらはパパ活を通して暴力事件へと発展してしまった事件の記事です。

実際にこのような暴力事件も起こっており、見ず知らずの人とホテルなどの密室空間にいることの危険性が伺えます。

(https://news.goo.ne.jp/article/dot/nation/dot-2021070500068.html)

身内や知り合いにバレてしまう

パパ活中に自分の生活圏内で食事やデートをしていると、知り合いに見られてしまう危険性もあります。

またパパ活アプリを使ってパパ活をしている場合、自分の顔写真を載せていると知り合いも同じアプリを使っていた場合バレてしまうといったことも。

知り合いに見つかって噂されると精神的にもきつくなることが予想されます。

パパ活で悲惨な末路にならないためには?

金銭感覚の乱れ。

性的、肉体的被害。

身バレの危険性。

パパ活ではさまざまな危険性があり、気を付けておかないと悲惨な末路が待っています。

では、そんな末路をたどらないためにはどうすればよいのでしょうか?

  • 金銭感覚が狂わないようにする
  • パパ活で肉体関係を持たない
  • パパ活がバレないようこっそりとする

詳しく解説します。

金銭感覚が狂わないようにする

パパ活のみに絞るのではなく、本業もきちんと行い、金銭感覚が狂わないようにすることが大切です。

パパ活で得た収入は、あくまでも臨時ボーナス程度に考えておいた方がいいでしょう。

パパ活で肉体関係を持たない

当たり前のことですが、自分の身を守るために肉体関係を持たないようにしましょう。

高い報酬をもらいたいからといって、性被害に遭ったり、希望しない妊娠をしたり性病をもらっては元も子もありません。

性被害に遭わないようにするためにも、初回や会って数回のうちは密室空間にならないよう気を付けてください。

パパ活がバレないようこっそりとする

身内や知り合いにバレたくないと思っている人は多いはず。

そのためにも、自分の居住地から少し離れた場所でパパ活をする、またパパ活アプリを使用する場合は、アプリ内の非表示モードやブロック機能を使用しておきましょう。

危険だと思った場合でも、パパ活していることを知られたくないため周りに相談できないと思う人もいるかもしれません。

しかし、トラブルが起こった際にはすぐに警察や弁護士に相談することをおすすめします。

何かあったときでも一人で抱え込まないでくださいね。

まとめ

  • ・パパ活では金銭感覚が狂う、肉体的や性的被害に遭うなどの末路をたどる可能性がある
  • ・そうならないためにも自分自身でルールを決めて行う必要がある

今回はお金くれるパパ募集してた女子の末路について、解説しました。

パパ活にのめり込んでしまうと悲惨な末路が待っている可能性があります。

パパ活1本にに絞るのではなく、しっかりとルールを決めて自分の身を守るようにしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP