オンラインキャバクラは儲からない?気になる時給や待遇を調査

あなたはオンラインキャバクラという言葉を聞いたことはありますか?

コロナウイルスの感染拡大防止のため、キャバクラなどのナイトクラブは休業を余儀なくされています。

キャバクラで働いていたキャバ嬢は死活問題。

そんな中、「ZOOM」や「LINE」などのビデオ通話アプリを使ったキャバクラ、「オンラインキャバクラ」というものがうまれました。

オンラインキャバクラは聞いたことあるけど

「オンラインキャバクラで働く場合はどうすればいいの?」

「オンキャバって時給はいいの?」

と働きたい側にとっていろいろな疑問がでてくるのではないのでしょうか?

オンラインキャバクラとは?

今回はオンラインキャバクラとはどういったものか、気になる時給や待遇についてご紹介します。

オンラインキャバクラとは、パソコンやスマホ越しで楽しむオンライン上のキャバクラです。

ZoomやLINE、Skypeなどのビデオ通話を使うことが多いようです。

コロナ禍の中、コロナウイルス感染拡大を防ぐために「密閉、密集、密接」の三密を控えるようにすることが求められています。

オンラインキャバクラの時給は?キャバクラとは違うポイント

このオンラインキャバクラは、三密を気にすることなく楽しめると最近浸透し始めています。

オンラインキャバクラで働きたいと思ったとき時給が気になりますよね?

結論から言うとキャバクラと比較すると「時給は安い」です。

さらにキャバクラにはない必要経費が掛かってきます。

オンラインキャバクラの時給や経費についての気になるポイントは次の通り。

  • キャバクラと比較すると時給が安い
  • 待機中の時給は発生しない
  • お酒や同伴などの売り上げがない
  • 機材の準備が必要

詳しくご紹介します。

キャバクラと比較すると時給が安い

オンラインキャバクラの給料は、接客した時間数に応じて算出される時給制です。

キャバクラの平均時給は2,400円程度

オンラインキャバクラはおよそ1,500円〜2,000円程度と安いです。

もちろんお店によって時給の決め方もさまざま。

オンラインキャバクラでも高時給なお店もあります。

そのため「オンラインキャバクラで稼ぎたい」と思っている方は、高時給なお店を探すことも一つの手でしょう。

また接客した時間に応じて収入が増えるため、お客さんに延長してもらうことがキーになります。

待機中の時給は発生しない

お店によって異なりますが、キャバクラは待機中であっても時給が発生する店があります。

しかし、オンラインキャバクラは待機中の時給は発生しないことがほとんどです。

そのため、オンラインキャバクラではいかに指名を取れるかが大切になります。

お酒や同伴などの売り上げがない

キャバクラでは指名のほかに、お客さんにお酒空けてもらう、同伴するなどさまざまな方法で売り上げを伸ばします。

しかし、オンラインキャバクラではお酒や同伴がありません

そのせいもあり、売り上げが伸び悩んでしまいます。

機材の準備が必要

オンラインキャバクラでは、お客さんと直接会うことはありません。

すべてスマホやパソコンの画面越しでのやり取りになります。

そんなとき、普段着の格好で部屋が暗く、会話が途切れ途切れになり、画質が悪い接客を受けたとしましょう。

「次も指名しよう!」

…なんて誰も思いませんよね。

なので、いかに画面越しで印象づけられるかが、今後の指名を取る上で大切になってきます。

そのため、次のような準備が必要です。

  • 自分を華やかにみせるためのドレスやアクセサリー
  • 顔を明るく見せるための照明
  • 電波状況を良くするためのWi-Fi環境の整備
  • 高画質なスマートフォンやウェブカメラ

初期費用は少しかかるかもしれませんが、指名をしっかり取るためにも用意しておいた方がいいでしょう。

ここまでを聞くと、

「オンラインキャバクラって稼げなさそう」

「オンラインキャバクラに魅力なんてあるの?」と思うかもしれません。

しかし、オンラインキャバクラにもメリットがたくさんあります。

次はそちらについてご紹介します。

オンラインキャバクラの待遇

時給は通常キャバクラより低く、初期費用もそこそこ掛かるオンラインキャバクラ。

しかし、キャバクラにはないオンラインキャバクラのメリットは「待遇」です。

待遇のメリット主に次の4点が挙げられます。

  • お酒を無理して飲まなくてもいい
  • 自宅で接客できる
  • 好きな時間に働くことができる
  • 派閥やおさわりなどトラブルが起こらない

詳しくご紹介します。

お酒を飲まなくてもいい

キャバクラではお客さんにボトルを入れてもらうなどし、売り上げを伸ばします。

なので、お酒が飲める女の子の方が有利ですよね。

一方オンラインキャバクラでは画面越しで会話をするので、お客さんから見ても何を飲んでいるのか分かりません

お酒を強要されることもないため、お酒が苦手な女の子でも働ける大きなメリットです。

自宅で接客できる

オンラインキャバクラは画面越しで接客をするため、お客さんと直接対面することはありません。

そのため、接客を介してウイルスに感染する心配もなく、安心です。

またキャバクラなどの店舗の場合、出勤するため移動時間がかかりますよね。

オンラインキャバクラは移動時間がないため、その時間を有効に使うこともできます。

好きな時間に働くことができる

オンラインキャバクラは基本的にシフト制です。

お店によっては24時間営業のところもあります。

なので、好きなときに好きなだけ働ける点もいいです。

また給料はキャバクラなどの店舗と同様、日払いOKです。

お金がピンチなときはがっつりシフトを入れることも可能なのは、とてもありがたいですよね。

派閥やおさわりなどトラブルが起こらない

キャバクラなどの店舗では、女の子同士のいざこざや派閥争いなど、対人関係のトラブルが起こってしまうことがあります。

しかし、オンラインキャバクラは店舗に出勤することはありません。

他の女の子たちと顔を合わせる必要もないため、トラブルを防ぐことができます。

また、店舗では「おさわりもスキンシップ」といい、悪気なく気軽に触ってくるお客さんもいます。

オンラインキャバクラではそういったトラブルもありません

万が一画面越しでセクハラ発言をしてくるお客さんがいても、画面をオフにして切り、運営に報告できるお店もあるようです。

店舗より女の子の身の安全を守ることができるのは安心です。

まとめ

  • オンラインキャバクラは時給が低いところが多いため、稼ぐには延長や指名を取る必要がある
  • 自宅で好きな時間に働くことができ、店舗で起こりやすいトラブルにも巻き込まれることがない

オンラインキャバクラの時給や待遇についてご紹介しました。

新型コロナウイルスの影響で、「オンラインキャバクラ」という新しいキャバクラのスタイルが確立されつつあります。

正直時給は通常のキャバクラよりは低いです。

しかし、自分の頑張り次第では高収入も可能。

気になった方はオンラインキャバクラの求人に応募してみてください。

またチャットレディという方法もあり。

こちらは音声のみで顔出ししなくてもOK。

同じように稼げるので検討してくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP