女子がパトロンを探す安全な方法

「働いて稼いだお金も生活費で消えてしまう…」

「もっと自由に使えるお金がほしいから、パトロンがいてくれたらな」

そう思う人も多いのではないでしょうか?

しかし、パトロンを探したいけど

ネット掲示板?

無料通話アプリ?

出会い系サイト?

どんな方法で探せばいいか分からないという人も多いと思います。

すぐ探せる!と闇雲に動くと怪しい人にあたってしまう可能性も…

この記事では女子がパトロンを探す安全な方法を解説します。

パトロンとは?

パトロンとは、経済的な援助をしてくれる人のことです。

食事やデートを通してお小遣いをくれたり、欲しいものを買ってくれたりするお金に余裕がある男性を指します。

最近ではパトロンになってくれる男性のことを「パパ」と、その活動を「パパ活」と呼びます。

パトロンを探す安全な方法

パトロンを探す安全な方法は次の4つです。

  • パパ活サイトに登録する
  • 交際クラブに登録する
  • キャバクラなど夜の仕事でのお客さんをパトロンにする
  • パトロンがいる友達に紹介してもらう

詳しく解説します。

パパ活サイトに登録する

いろいろ方法はありますが、初心者の場合はパパ活サイトを利用するのがおすすめです。

パパ活専用のサイトなので、パパ側・パパ探しをしている女性も初めからパパ活を目的として登録しています。

そのため、効率的にパパ探しを行うことができます。

またパパ活サイトはメリットも多いです。

・会員数が多いためパパが見つかりやすい

・身分証明書提出があり、本人確認ができる

・収入証明書の提出もあり、プロフィール上の年収情報がマッチング前から確認ができる

・24時間365日のパトロールをし、運営側が悪質行為の監視を行なっている

パパ活サイトはこれらの安全管理も行なっているため、比較的安心してパパ活(=パトロン探し)を行うことができます。

こちらは高収入で紳士的な男性が多いと言われており、パパ活では最も知名度が高いパパ活専用アプリのサイト「シュガーダディ」です。

会員数も国内トップクラスのため、登録しておいてもよいかもしれませんね。

https://sugardaddy.jp/

交際クラブに登録する

交際クラブとは、運営側がパパとパパ活を行いたい女性をマッチングさせてくれる会員制のクラブです。

パパ活サイトと大きく違う点は、女性からアプローチが行えない点です。

交際クラブは運営の打診やパパ側のアプローチを待つ必要があります。

そのため、すぐにパトロン探しを行いたい女性にとって少し時間がかかってしまうことが難点です。

また交際クラブに登録するには、パパ側だけでなくパパ探しをしている女性にも登録の審査が必要です。

容姿が整っていること、有名大学卒など高いステータスを求められることも決して少なくありません。

ライバルが手強く、また最初から愛人探しを目的としている男性も多いため、どうしても肉体関係に発展してしまうこともあるようです。

こちらは約1万人の会員数を誇る交際クラブサイト「ユニバース倶楽部」です。

東京周辺の交際クラブサイトも多い中、このユニバース倶楽部は全国14支店を展開しています。

地方に住んでいる人も登録できていいですね。

女性は無料登録できますよ。

https://universe-club.jp/

キャバクラなど夜の仕事でのお客さんをパトロンにする

キャバクラなどの夜の仕事をしている場合は、そこでのお客さんをパトロンにするのも一つの手です。

お店での営業で得られた利益はお店と自分自身で分配しなければなりません。

しかし、パトロンになると利益まるまる自分のものとなるため、お店での営業と比較すると利益が上がります。

ですが問題点もあります。

お店での営業であれば、従業員のプライバシーや安全をお店側が守ってくれます。

パトロンだと一対一でのやり取りになるため、トラブルに発展した際に守ってくれる人はいません。

また、夜の仕事を続ける場合はお店ともトラブルになる可能性があるので注意が必要です。

パトロンがいる友達に紹介してもらう

パトロンがいる友達が身近にいれば、紹介してもらうのもいいでしょう。

しかし、パトロンがいると周りに公言している人は少なく、むしろこっそりとパトロン探しをしている人がほとんどです。

パトロンがいる友達を探すより、自分でパトロン探しをした方が早いかもしれません。

パトロンを作るデメリット

これまでパトロンを探す安全な方法について解説しました。

しかし、あくまでも’比較的’安全というだけであって、必ず安全というわけではありません。

主なデメリットは以下の通りです。

  • 男女のトラブルに発展する
  • 自分の金銭感覚が狂ってしまう

詳しく解説します。

男女のトラブルに発展する

肉体関係を強要、またストーカーされるなど男女のトラブルに発展してしまう可能性があります。

 主なトラブルは次の通り。

・肉体関係を強要

・ストーカーに発展

肉体関係を強要

女性側からすれば食事やデートをするだけでお小遣いをくれるパトロンとしてみていますが、男性側はその見返りとして肉体関係を強要してくることもあります。

妊娠や性病をもらうリスクもあり、大変危険です。

またパトロンをもつことは違法ではありません。

しかし、肉体関係を持った場合、売春や援助交際を禁止する「売春防止法」に引っかかる可能性があります。

犯罪にならないためにも、自分自身の身を守るためにも、肉体関係を持たずにパパ活しましょう。

また肉体関係を持たなくても17歳以下の場合、児童福祉法違反になる可能性も。

法律についてもしっかり理解しておく必要がありますね。

ストーカーに発展

中には束縛が激しく、パパ活の関係を終わらせようとするとストーカーに発展する可能性もあります。

割り切った関係であることをしっかり伝えておく必要がありますが、最初から本名や住所など個人情報は知られない方がいいでしょう。

自分の金銭感覚が狂ってしまう

パトロンからもらう高額なお金に慣れてしまい、本来行なっていた本業で稼ぐお金に満足いかなくなったケース。

給料よりパトロンからもらえたお金の方が多いため、仕事をやめてしまうケース。

さまざまな要因で自分の金銭感覚が狂ってしまうこともあります。

パトロンからもらうお小遣いにのみ絞るのではなく、本業もきちんと行い、金銭感覚が狂わないようにすることが大切です。

パトロンから得た収入は、あくまでも臨時ボーナス程度に考えておいた方がいいでしょう。

トラブルに巻き込まれたら警察や弁護士に相談を!

安全にパトロンを探す方法を紹介しました。

しかし危険なシーンに出くわすことは少なくありません。

危険だと思った場合でもパトロン探しを知られたくないため、周りに相談できないと思う人もいるかもしれません。

しかし、トラブルが起こった際にはすぐに警察や弁護士に相談することをおすすめします。

何かあったときでも一人で抱え込まないでくださいね。

まとめ

  • 女子がパトロンを探す’比較的’安全な方法は、パパ活サイトを利用すること。
  • 比較的安全でもトラブルが起こる可能性があることを認識する
  • トラブルが起きた時には警察や弁護士に相談を

今回は女子がパトロンを探す安全な方法について解説しました。

パトロン探しにはデメリットも多いです。

もしどうしてもパトロン探しを行う場合は、自分でしっかりとルールを決め、身の安全を守ってください。

トラブルが起こった際は一人で抱え込まず、警察や弁護士に相談することも覚えておいてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP