【絶対ダメ】お金助けて掲示板は危険?口コミや使うべきじゃない理由教えます

あなたは「お金助けて掲示板」という存在を知っていますか?

個人間融資とも言われ、SNSやインターネット掲示板を通して個人同士でお金の貸し借りをすることです。

それだけを聞くと、カードローンや消費者金融などの金融機関と違い、今すぐお金が必要なときに簡単に借りられると感じることでしょう。

しかし、そんな「お金助けて掲示板」の実情は個人情報の悪用や法外な金利の貸し付けなど、一トラブルも多く、犯罪被害も多発。

なぜ「お金助けて掲示板」は危険なのか、口コミや使うべきじゃない理由をご説明していきます。


お金助けて掲示板とは?

まずお金助けて掲示板とはどういったものなのでしょうか?

さきほどもお伝えしたように、インターネット掲示板やSNSを通して個人同士でお金の貸し借りをするものです。

お金を借りる流れは次の通り。

  • お金を借りたい人が金額をインターネット掲示板やSNSに書き込む
  • 貸し手を見つけ連絡
  • 細かな金額交渉をした上で個人情報を伝え、希望額を振り込んでもらう

カードローンや消費者金融などの金融機関と違い審査が緩く、即日対応してくれることが多いのでメリットがあるように見えます。

なぜお金助けて掲示板を使ってはいけないのでしょうか?

その理由についてご説明します。

お金助けて掲示板はなぜ使うべきじゃないの?

絶対にお金助けて掲示板を使うべきじゃない理由は次の4点です。

  • 闇金や詐欺の可能性がある
  • 法外な利息を取られてしまう
  • 女性に対するわいせつ行為につながる可能性がある
  • 個人情報を利用される

詳しく見ていきましょう。

1.闇金や詐欺の可能性がある

たとえ個人であっても、継続する意思をもって金銭の貸し付けを行うことは、貸金業法上の貸金業に該当します。

貸金業を行う場合は国または都道府県の登録を受ける必要があります。

登録を受けていない人が貸金業を行う目的で金銭の貸し付けを行うことは違法です。

インターネット掲示板やSNSで行われている個人間融資は法律による取り立ての規制が適用されていません。

そのため、闇金や詐欺グループによるトラブルに発展することが考えられます。

2.法外な利息を取られてしまう

たとえ個人間の貸し付けであっても利息制限法を守る義務があります。

借りる額となる元本に対して上限金利が定められています。

たとえば10万円未満の元本であれば上限金利は20%までです。

しかし、個人間融資では金利が明確に示されておらず、

金融機関より高い利息を設定されていることが多くあります。

「貸した金額の半分が利息」といったように提示されることもあるため、安易に支払いしないよう気を付けなければなりません。

3.女性に対するわいせつ行為につながる可能性がある

個人間融資の借り手が女性だった場合やり取り中にわいせつ行為や写真の要求されることもあるようです。

弱みにつけこんだ卑劣な性犯罪へとつながりますし、わいせつ行為目的で女性へお金を貸す人が存在していることも事実です。

4.個人情報を利用される

個人間のお金の貸し借りでも、お金を借りる側は個人情報の提示が求められます。

「お金を貸してくれるなら個人情報くらい…」と借りる際は安易に提示してしまいがちかもしれません。

トラブルに巻き込まれた場合ネットに個人情報をばらまかれるなどの被害に遭う可能性があります。

また、「振り込みの手続きに銀行口座の通帳と印鑑が必要だから郵送して欲しい」と貸し手に言われ自分の通帳と印鑑を渡してしまったケースもあるようです。

闇金や詐欺グループに手が回ってしまうと、自分の口座を利用した犯罪に使われる可能性があります。

そうなると、知らない間に自分が犯罪の片棒を担ぐことになってしまうため、注意する必要があります。

これらの理由から、お金助けて掲示板といった個人間融資は危険なので使うべきではありません。

お金助けて掲示板の口コミ

実際にインターネット掲示板などを通して個人間融資を受けた人たちの口コミもみてみましょう。

5万円を借りる予定が手数料を差し引かれ3万円のみの振り込みしかされず、さらに利息が10日で2割を請求される。

免許証と通帳の写真を求められたため貸し手に送ったら、個人情報をネットにばらまくと言われた。

住所、電話番号、免許証の写真を把握している貸し手とメールでのやり取り中に少し揉めてしまい、後日自宅に押しかけると脅されている。

以上のように法外な利息を請求、また個人情報を知られていることによる悪用、また厳しい取り立てをされる可能性など多くのトラブルが起こっています。

どうしてもお金が必要になってしまった際、安全にお金を借りる方法はあるのでしょうか?


安全にお金を借りる方法

比較的安全にお金を借りる主な方法としては次の通りです。

  1. 公的融資制度
  2. カードローンやクレジットカードのキャッシング機能

詳しく解説します。

公的融資制度

公的融資制度とは、国からお金を借りられる制度です。

公的融資制度の最大のメリットは、無利息または低金利でお金を借りられること。

しかし、この制度を利用するためにはいくつかの条件を満たしておく必要があるため、自分がその条件を満たしているか確認しておきましょう。

カードローンやクレジットカードのキャッシング機能

カードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使って融資を受けることもできます。

その日のうちにお金を借りたい場合はカードローンという選択も。

中には最短30分で融資をしてくれる所もあるようです。

また、融資の審査なしでお金を借りたい場合は、クレジットカードのキャッシング機能を使う方法もあります。

自分の条件であればどの民間融資からお金を借りられるのか、調べてみるのがいいでしょう。

まとめ

  • お金助けて掲示板のような個人間融資はトラブルになることが多く、犯罪に巻き込まれてしまうこともある
  • 公的融資制度や民間融資などから安全にお金を借りられる

今回はお金助けて掲示板というような個人間融資の口コミや使うべきじゃない理由をお伝えしました。

被害に遭わないよう、個人間融資ではなく安全な機関からお金を借りるようにしましょう。

今回はお金助けて掲示板というような個人間融資の口コミや使うべきじゃない理由をお伝えしました。

自分が被害に遭わないよう安全な機関からお金を借りるようにしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP